• オフィス移転の候補として考えられるもの

    オフィス移転を考えた場合、数ある候補の中でもオフィス賃貸費用を大きく削減できるものとしてレンタルオフィスがその候補に挙げられます。
    特に従業員数の少ない会社や立ち上げてから間もない会社で移転が必要な場合にはオフィス移転の選択肢として十分に考えられます。

    レンタルオフィスとはオフィスビルの一部のフロア又はオフィスまるごと一棟分の内からそれぞれのフロアで個室や共有デスクなどに仕切って貸し出すサービスです。

    オフィス移転の業者の情報はすぐに役立ちます。

    必要なスペースだけが小分けにされ、オフィス環境で必要となるコピー機や受付サービス、会議室や応接室などは他のテナントの方と共有になるので賃貸費用を大幅に抑えることが可能になります。

    日本経済新聞はとにかくお勧めです。

    もちろん、個室内には固定電話やファックスなどの設置も可能ですし、各フロア内は高速インターネットの使用もできます。

    共有する会議室や応接室も必要な時だけ利用できるので、従来のようにそのスペース分を借りてコストを別途負担する必要がありません。



    このようなレンタルオフィスは都心や大きな街の中心部にあり、そのようなエリアで従来のようにオフィス移転先として新たに賃貸すると非常にコストがかかります。

    その点、レンタルオフィスなら非常に低いコストで済むのです。

    さらにそのようなレンタルオフィスは法人登記する場合の住所地としても利用できます。

    会社の所在地が都心や繁華街の一等地にあるということは会社の信頼性を高めるだけでなく、従業員や顧客がアクセスしやすいというメリットもあります。


  • 会社について思うこと

    • オフィスの内装や立地は企業の業績に大きな影響を与えます。働きやすいオフィスであれば生産性が上がるというのはごく自然なことです。...

  • 知識を増やす

    • ビジネスでは、取引先から信用を得るためのオフィスが欠かせません。長時間働く場や、業務上で知り得た機密情報の保管といった意味合いもあるので、機能性が高い備品や部外者が勝手に入れないセキュリティも必要です。...

  • 会社のコツ

    • 企業として、状況はいろいろと変化するものです。今までは現状のオフィスでも業務が普通にこなせていたものでも、状況の変化、業績などによっても、さまざまな点から現状のオフィスでは、作業効率が悪いということにもなりかねません。...

  • 基礎知識

    • 新規事業の立ち上げや事業拡張のためにオフィス移転を行う場合がありますが、従業員の数や業務内容をしっかりと考慮しておかないと、無駄な経費がかかってしまうので、注意が必要です。オフィス移転の際、まず最初に決めなくてはならないのがその面積です。...